ご確認ください!

丙子の乱

丙子の乱(丙子胡乱)とは1636年~1637年に清が李氏朝鮮の侵入し、朝鮮を制圧した戦い。「神弓-KAMIYUMI」の時代背景として、ちょうどこの丙子の乱が起こったときという設定になっている。ちなみに「丙子胡乱」は朝鮮側からの呼び名であり、中国では「丙子之役」と呼ばれている。朝鮮の呼称にある“胡”の字は、古来より漢族が北部や西部の異民族への蔑称として用いていたもので、胡乱は北西部の蛮族・女真(満州の松花江一帯から外興安嶺以南の外満州および朝鮮半島北部にかけて居住していたツングース系民族)が乱を起こした、という意味になる。

弓道しようぜ!
コートハウス、テラスハウス、タウンハウス…あなたの好みはどれですか?皆幸不動産 鹿嶋 田舎暮らしならきっとお探しの住まいがみつかります。

背景

17世紀はじめに中国全土を支配していた明が衰えを見せ、それに変わり後金が台頭した。1627年、後金は反後金親明的な政策を取っていた朝鮮に侵入。後金を兄、朝鮮を弟とすることなどを定めた和議を結んだ。この戦いを朝鮮では丁卯胡乱と呼ぶ(中国では丁卯之役)。ホンタイジ(皇太極、太宗)は1636年に皇帝に即位。同年、国号を「清」と改め、朝鮮に対して臣従するよう要求した。しかし、仁祖はこの要求を拒絶した。朝鮮の朝廷で斥和論(主戦論)が大勢を占めたためだった。朝鮮は清と戦う準備に入り、清は朝鮮が謝罪しなければ攻撃すると脅した。しかし朝鮮はこれを黙殺し、激怒したホンタイジは朝鮮侵略を決意した。

経緯

1636年12月2日、ホンタイジは自ら10万の兵を率いて清の首都・盛京を発つ。7日後の9日には鴨緑江を渡り、朝鮮に侵入した。義州府尹の林慶業は白馬山城を固めて清軍に備えていたが、清軍はこれを避けて漢城に向けて進撃。13日になってやっと朝鮮の朝廷は清軍侵入の事実を知った。しかし14日にはすでに清軍は開城を通過しており、朝鮮朝廷は急遽漢城と江華島の守備を固め、宗室を江華島に非難させた。

14日夜には仁祖も江華島へ逃れようと試みるが、清軍に道をふさがれてしまう。やむなく1万3000人の兵士と共に南漢山城に逃れたが、城を包囲され、40日あまりの篭城の末、降伏。三田渡の盟約が結ばれる運びとなった。1637年1月30日、仁祖は城を出て、漢江南岸の三田渡にある清軍陣営に出向き、清に対する降伏の礼を行わされた。仁祖は朝鮮王の正服から平民の着る粗末な衣服に着替え、最上段に座るホンタイジに向かって、最下段から臣下の礼を行い、許しを乞うた。

三田渡の盟約

丙子胡乱の終戦講和条約で、李氏朝鮮の首都漢城の郊外・三田渡(現ソウル特別市松坡区蚕室洞)で締結された。1895年4月17日に締結された日清戦争後の講和会議である下関条約まで、李氏朝鮮は清の属国であり続け、上納される物品の量は減らされたものの、大枠は同年まで守られ続けた。

主な内容

  • 朝鮮は清に臣下の礼をつくすこと。
  • 朝鮮は明からの誥命(朝鮮王冊封の文書)と冊印(朝鮮の国璽)を清に献納すること。
  • 明と絶交し、明の年号は使わないこと、
  • 王の長男と次男、および大臣の子、大臣に子がない場合はその弟を人質として清に送ること。
  • 清が明を征服するときは、命令を下し、使いを送るので、場合によっては数万規模の歩兵・騎兵・船員を求められた期日までに遅れることなく派遣すること。
  • また清が鴨緑江の河口にある島を攻め取るため、船50隻・水平・槍砲等を準備しておくこと。
  • 聖節(清の皇帝の誕生日)や正月等、慶弔時は慣例に従い、大臣や内官が献礼にくること。
  • 清軍の脱走兵が鴨緑江をわたり、朝鮮に逃れた場合、送還すること。
  • 内外の諸臣と婚姻を結び、友好を固くすること。
  • 新旧の城郭は清の事前の許可なく修理・増築を行わないこと。
  • 日本と貿易を行うこと。
  • 毎年黄金100両・白銀1000両のほか、水牛角弓面200副・豹皮100丁張、鹿皮100丁等、20種目の物品を献納すること。
韓流セレクション
吉祥寺駅周囲には三ツ星ホテルもありますが、高くて宿泊できないと思っている人もいるでしょう。 駅近で料金もお手頃となっている吉祥寺 ビジネスホテルならみつ井旅館にお任せ下さい!

和議のその後

李氏朝鮮はこの和議により、初年度に黄金100両、白銀1000両のほか、牛3000頭、馬3000頭など20項目余りの物品を献上したが、毎年朝貢品目は減った。また「仁祖実録」によると、和議の10ヵ月後には婚姻のために8歳から12歳の6人の女を送ったり、その翌年には10人の侍女を送った記録があるが、これらの婚姻は取り消されている。

戦後

ホンタイジは、自身の「徳」と仁祖の「過ち」、そして両者の盟約を示す碑文を満州語・モンゴル語・漢語で刻ませた石碑・大清皇帝功徳碑を1639年に李氏朝鮮が降伏した地である三田渡に建立させた。この石碑は、韓国では恥辱碑とも呼ばれている。清の冊封体制に組み込まれた朝鮮は、清からの勅使派遣を迎え入れるために迎恩門を建て、清からの勅使は1637年から1881年までの244年間に161回におよんだ。そのたびに朝鮮国王は迎恩間に赴き、三跪九叩頭の礼により迎えた後、慕華館での接待を余儀なくされた。逆に朝鮮から清への朝貢使(朝鮮燕行使)は500回以上突出して多かった。このような清と朝鮮の冊封関係は、日本と清による日清戦争で日本が勝利し、下関条約で日本が真に李氏朝鮮の独立を認めさせる1895年まで、約250年間続いた。朝鮮がこの戦いに敗れるまで、歴代の朝鮮王が明朝皇帝に対する臣節を全うしたことを清側は高く評価し、後の康熙帝がこれを賞賛する勅論を出している。

左トップへ戻る 「神弓-KAMIYUMI」を支える人たち ホームボタン画像 右トップへ戻る