ご確認ください!
成人さん不安・疑問、なんでもご相談ください!振袖 船橋探しのお手伝い『きもの振袖専門店プラチナ館』

弓道

「神弓-KAMIYUMI」の主人公ナミは弓の名手だ。また韓国ではアーチェリーの文化が根付いており、オリンピックでメダルを獲得するなど目覚しい活躍が見られている。しかし日本の弓道も負けてはいない。その歴史は古く、発生年は大正8年とされている。日本の伝統競技「弓道」についてまとめた。

弓道とは

弓道は和弓で矢を射て、的に中てる一連の所作を通し、心身の鍛錬をする日本の武道である。古武道の弓術をもととし、現在ではスポーツ競技、体育の面も持ち合わせている。一方で古来から続く流派も存在しており、現代の弓道と共存しながら古流を守り続けている。

弓道しようぜ!

歴史

衰退

武士の表芸である弓術は、幕末から明治になりそれまでの身分制度が崩壊したことによって、大きな変革を強いられていた。軍隊に西洋の最新兵器が導入されるという時代の流れに伴い、幕末の1862年、幕府における「弓術上覧の儀」が廃止され、講武所の科目からも弓術が除外された。続く1867年の大政奉還により伝統的な弓術文化は幕藩体制・武家社会の崩壊と共に大きな衰退を余儀なくされた。1871年には廃藩置県により藩校で行われていた武術教育も姿を消し、弓術に限らず武術全般で実用性が見出されなくなり、武術衰退に拍車をかけた。また弓を引くこと自体が一部の例外を除いて武士階級のみが許されていたため、弓術は衰退の一途をたどっていた。

発展

明治維新後、弓を引くことが一般庶民にも許され、急速に娯楽化・遊戯化が進んだ。遊戯の道具としての弓矢が庶民の間で広まり、盛り場での賭弓場が維新後の都市部で大流行した。賭弓場の多くは風俗営業であり、明治政府から規制を加えられるほど盛況化していた。しかし一方で公的な弓術道場は、賭弓場の勢いに押され姿を消しつつあった。このような世相に危機感を感じた真摯な弓術家が。私設弓術道場を開くなど、弓術古来の伝統を正しく引き継ごうと活動し始めたことにより、日本弓術の命脈・伝統文化は保たれていった。

弓術から弓道へ

明治中期に入ると初等教育の開始や徴兵制度の徹底、日清・日露戦争での勝利などを背景に、愛国心の高まりと国家主義的思想が台頭した。国策により武術が利用されはじめ、国民は弓道を含めた各種武道・武士道の再認識・尊重をするようになった。このような社会風潮を受け、1895年、京都在住の有識者により各種武術を統括する団体として大日本武徳会が設立され、京都の平安神宮境内に建設された武徳殿を本部とした。弓術をはじめとする各武術は、技術を目的とした武術を改め、大和心の育成を目的とした武道とし、1920年、武術専門学校を武道専門学校と改称。それに伴い弓術も「弓道」と改称された。

基本動作

戦後の弓道において、数々の流派が存在したが、現在では全日本弓道連盟が中心となり、各流派の特徴を取り入れるなど現代にスポーツ性を考慮した射法が主流となって、全国的に射法が平均化された。全日本弓道連盟では、射の基本動作を8つの節に分けて説明・指導している。これを「射法八節」といい、戦後に全日本弓道連盟の前身である日本弓道連盟の射法制定委員が制定したものだ。

足踏み(あしぶみ)
射位(的を射る位置)で的に向かって両足を開く動作のこと。
胴造り(どうづくり)
足踏みを基礎とし、両脚の上に上体を安静におく動作・構えのこと。
弓構え(ゆがまえ)
矢を番え、弓を引く前に行う準備の動作。
打起し(うちおこし)
弓矢を持った両拳を上に持ち上げる動作。
引分け(ひきわけ)
打起した位置から弓を押し弦を引いて、両拳を左右に開きながら引き下ろす動作。
会(かい)
引分けが完成され(弓を引ききった状態)、矢が的を狙っている状態になること。
離れ(はなれ)
矢を放つ動作。
残心(ざんしん)
矢が放たれた後の姿勢。「残身」とも書く。

以上が射法八方の基本的な内容である。なお、詳細な技術内容は、流派や個人の考え・体格などによって異なる。

道具

長さ約221cmの和弓を使用。握りの位置は下から三分の一あたり。本来は竹と木をにべで張り合わせた竹弓だが、現在は合成接着剤で張り合わせた竹弓や、安価なガラス繊維強化プラスチック、炭素繊維強化プラスチック製のものが普及している。

竹、ジュラルミン、炭素繊維強化プラスチック製の矢柄(シャフト)に金属製の板付、矢を番える筈、三枚の羽をつけたものを使用する。甲矢(はや)と乙矢(おとや)の2本1組を一手という。

弓掛け(ゆがけ)

弓を引く際、右手に装着する鹿の革の手袋。昔は和帽子という角が入っていないものが主流だったが、現在では親指に木製の角が入っている堅帽子のものが主流。「掛け替えのない」の語源であるとの説があるが、真相は定かではない。

麻またはケブラーやアラミドなどの合成繊維をよりあわせたものの表面にくすねという松脂に油を加えて煮たものを塗って補強したものを使う。合成繊維製のものではくすねを塗っていないものもある。

星的、霞的、三色的、遠的用色的、射割りなどがある。大きさは直径1mのものから直径8cmのものまである。また、「巻藁」と呼ばれる藁を束ねて作られた稽古用の的もあり、巻藁専用の矢もある。

試合形式

一般的な全日本弓道連盟の競技規則を紹介。

競技種目

競技種目は近的競技・遠的競技の2種目で、それぞれ個人と団体で競技が行われる。近的競技は射距離が28mで的の直径は36cm。霞的・星的・色的のいずれかを使う。順位決定には直径24cmの的を用いる場合もある。一方、遠的競技は射距離が60mで的の直径は100cm。霞的または得点的を使用する。順位決定には直径79cmまたは50cmの霞的を用いることもある。

競技方法

2射で一手とし、射手は一回に一手、または二手射る。的中制、得点制、採点制の三つの競技方法があり、それぞれ採点基準が異なる。的中制は、文字通り的中数を競う競技で、「あたり」と「はずれ」のみで判定し、的のどこに的中しても同じ点数が与えられる。得点制は色的(得点的)を使い、得点を競う競技。同点の場合は的中数が多いほうの勝ちとなる。国体の遠的競技や実業団の近的競技などで行われることが多い。採点制は的中だけでなく、射形、射品、態度などを総合して審査員が採点する。全日本男子弓道選手権大会・全日本女子弓道選手権大会ではこの方法が用いられる。

韓流セレクション

アーチェリーとの違い

技術

アーチェリーは矢を弓の左に番え、弦はみぎて人差し指、中指、薬指で引く「地中海式」を用いるのに対し、弓道は弓を矢の右に番え、取り掛けは右手親指根で弦を引っ掛けるようにして保持する「モンゴル式」を用いている。また、日本のアーチェリーでは弓道の射法八方が取り入れられている。

道具

アーチェリーの弓にはスタビライザー、照準器、クリッカーなど多数の補助具が付いているのに対し、弓道の場合は基本的には弓と弦だけである。またアーチェリーの場合、左右両手用の弓があるが、和弓では基本的に左手用の弓しかない。

ルール

アーチェリーでは試合において矢の照準が定まらなかった場合など、矢の引き戻しが許されているが、弓道では引き戻しは許されておらず、矢を発射前に落とした場合「失(しつ)」として、その矢は失格となる。

左トップへ戻る 「神弓-KAMIYUMI」を支える人たち ホームボタン画像 右トップへ戻る